音楽レビュー:「shabon songs」安藤裕子(2007年)  

シャボンソングス 安藤裕子 アルバム

広告

洗練されたシティポップスの歌い手として紹介されることもある安藤裕子の「shabon songs」をレビューします。

 

安藤裕子、この名前は最近はちょっとはメジャーになってきたのだろうか?

10年くらい前からCMや映画の主題歌などを手掛ける中堅シンガーだ。

歌声がベターッとした感じなので好き嫌いがあると思うけど、僕は個性的に感じるのと作る楽曲も感性にマッチしてて好きな歌手だ。

その彼女の3枚目のアルバムとなります。

 

この人の作る曲が面白いと思うところは先ず歌詞に愛だの恋だの色恋沙汰をモチーフとしたものが非常に少ないところだと思います。

自分の深層心理を表したものなど若干重いテーマを好んで扱うように思えます。

彼女がリスペクトしているミュージシャンとして「はっぴぃえんど」を挙げていることにも多大な影響を受けているのかも知れません。

 

それから作曲の方もYMO、特に坂本龍一からの影響が非常に大きい感じがします。

このアルバムの曲「絵になるお話」のイントロはそのままYMOの「Behind the Mask」です。

そんな所をYMOファンが聴いても面白いでしょう。

 

本作はそんな彼女のアルバムの中でも比較的明るく、女の子らしい恋愛をテーマにした曲が多い珍しい?選曲となっています。

初期の作品としては一番耳に馴染みやすく聴きやすいので今でもお気に入りの一枚となっています。

 

聴きやすくメロディアスなポップスでありながらどこか繊細ものを感じさせる一枚だと思います。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です