2011年鹿児島~熊本~博多、九州半周の旅6:(熊本編:パワースポット巡り幣立神宮)

広告

水前寺公園を後にして次の目的地「幣立神宮」を目指すことにした。

幣立神宮とは伊勢神宮を祀っている神話掛かった神社で九州の臍と言われる熊本県山都村に位置し、ゼロ地場を発生すると言われる中央構造線上にあるスピリチュアル愛好家にとっては一度は訪れたいパワースポットだとのことです。

僕もそんな噂を聞いて一度は訪れてみたいと思ってた矢先にひょんな機会から訪れることとなったのです。

前回はこちら

allseasonski.com/archives/1690

幣立神社入口

ひたすら山道を走ってやっと到着しました。ナビがなければ見過ごすところでした。

幣立神社 鳥居

民族の故郷(ふるさと)、大和の本宮と書かれています。やっぱり伝説は本当なのか・・・

幣立神宮 拝殿

拝殿です。小振りながら由緒正しい神社の風格です。GWだからか参拝客も多いですね。

幣立神宮 本殿 違う角度

拝殿を後ろから見たところです。うっそうとした木々の間に神社が存在します。

幣立神宮の由緒ある樹

伊勢神宮や日本開闢と関係が深い痕跡がそこかしこに存在します。

八大竜王の池

拝殿の裏手から山を下りたところにある小さな池。八大龍王と言う水の神様の住まいだそうです。カエルが盛んにケロケロと鳴いておりました。

八大龍王の社

違う角度から。八代龍王をお祀りする社が見えます。パワースポット愛好家には有名な場所です。

幣立神宮 田んぼ

横には田んぼがありました。神様に捧げるお米を作っているのでしょうね。

幣立神宮 裏手、八大竜王の池付近の風景

更に奥に行ってみました。八大竜王池とその奥が幣立神宮拝殿がある丘となります。

感想

山間にひっそりと佇む知る人ぞ知る神社でした。

こうしたブームになる前はずっと一部の方々が訪れる場所だったんでしょうね。

今ではツアーで大勢の人もやって来るみたいです。

こちらも地震の影響はどうだったんでしょうか・・・中央構造線上に位置するので心配ですね。

それではこちらを辞して次の目的地である宮崎県の高千穂峡にある「高千穂神社」に向かいます。

 

(つづく)

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です