レゾナンスリーディングの読書会に参加することになりました。楽しみ。

広告

最近本を買って試している読書法「レゾナンスリーディング」についてブロガー仲間の方が7月に読書会を開いてくださると言うので厚かましくもこちらから手を挙げて寄せて貰えることになった。

 

レゾナンスリーディングとは目的を設定してマップを作成しながら行う読書法で詳しくは書籍に譲るが、最短20分程度で一冊読了できると言うものだ。

書籍を購入して一人で試したり不明や疑問点は経験者に質問したりして行っているが、こうしてリアルに集まって読書会をすると言うのは一人で試行錯誤するのとは違い新たな発見もあると思うので非常に楽しみにしている。

 

新たなつながりが広がるとこうした情報やネットワークが徐々に生まれ、この先どう自分が展開して行くのだろうと非常にワクワクし楽しみだ。

そしてこうしたイベントに参加して思うのは、以前なら考えられなかったくらい一人で興味のあるところに飛び込んで行くと言う自分のスタンスだ。

 

主催者の方は昨年のD-Pub in Kobeで一度お会いした切り。参加者の方もそこでご挨拶はさせて頂いたがお会いするのはこれで2度目、普通なら何を話せば良いか?と思うところだが今の心境は全くそれで物怖じするところはない。

 

学びたい対象が明確になっているからだろう。

そして一度しかお会いしていないとは言えブログは拝見しているし、それについてコメントのやり取りもさせて貰っているのである程度の馴染みが出来ていると思うからだ。

 

あのD-Pubに飛び込んで以来周囲が大きく変わって来ているのを感じる。

読書会での成果もさることながらこれからもこうして自分が興味を持ったことに関しては積極的に知らない所に飛び込む姿勢は維持して行きたい。

行動すれば何かが変わる。現状維持は決して善ではない。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です