イレギュラーの場合を想定して慣れておく。どうしてもブログ書く時間確保できない時どうする?

広告

こうして出社前の朝の時間と休憩時間を利用してこのブログを書いている。
始めてから2カ月経過してこの時間を利用して原稿を5本書く習慣化は定着したと思う。

しかし仕事や所用の都合でこの先この慣れた時間帯やペースで出来ない場合があるのは十分想定されることだ。

ギリギリになって5本仕上げなければならない場合もあるだろう。
そんな時どうするか?

まず第1に思うことはそれでも5本書くと言うことだ。
何のために?
それは自分で決めたからだ。自分との約束。
だから何としても書く。

そのためには普段からそう言う事態を想定して、敢えて変則的な時間帯やペースで書くことに慣れておくことだろう。

習慣化のペースを築くことは大切なことである。
そして自分で決めた約束事を守るためにその習慣化したペースを敢えて崩して色々試してみることも実は大切なことだと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です