音楽レビュー:「Box Emotions」Superfly(2009年)良い子ちゃんになり掛けたところから見事に復活したアルバム

広告

今回は今やビッグシンガーになってしまったSuperflyのセカンドアルバム「Box Emotions」のレビューです。

 スーパーフライはデビュー当時からFM大阪でずっとヘビーローテーションされ、日本人離れしたパワフルなボーカルとアメリカンロックのテイストが好きでずっと聴いていたアーティストだったのだが、待ちに待ったファーストアルバムの出来にガッカリしてそれ以来長らく聴いていなかった。

 ところが1~2年してフジテレビのドラマの主題歌でたまたま耳にした「Alright!!」が耳に残り、収録されていたこのアルバムを聴いて再度聴くようになった経緯がある。

ファーストアルバムは力が入り過ぎて空回り感が半端じゃない様子だったが、次作のこのアルバムでは持ち直した感がある。

事情は勿論分からないが、今までシングル曲はパワフルで素晴らしい曲をリリースする能力に長けていたところにアルバム製作にも慣れて来たと言うところだろうか。

シングルカットされた曲アルバム収録曲とのレベル感が一定で曲ごとのムラを感じないからだ。

 ともかく僕はスーパーフライは大企業の歯車となって終わったと思ったが、見事にこれで復活してくれたと思い入れが強いアルバムなのだ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です