音声入力よりもタイピングの方が性に合ってると思うこと

広告

先日ブログレッスンで音声入力と言う機能を教えて貰った。
iPhoneのメモ機能などに付いてるマイクのアイコンをオンにすれば使えるとのことだ。

後で修正は必要なもののこれでブログの原稿を一部書いていると紹介された。
頭で考えたことがダイレクトに文章化しやすいメリットがあるとのことだった。

僕にとってどうか?と考えると、今のところブログの作成に関しては使えないかな?と感じた。
と言うのは面倒でもこうしてタイピングしていくと、文章の流れを把握しやすいからだ。
音声入力では今録音している部分だけでその前が確認出来ないので、まだまだ僕にとっては心細い。
これから取り入れて行くのかも知れないが今のところはそんな感じだ。

しかし使い道の可能性は非常に感じた。
と言うのはスキーレッスンを受講している時だ。

レッスン中はノートを取ったり、僕はこのメモ機能を使ってリフト上で習ったことをタイピングしていた。
真冬のスキー場でグローブを外して素手でタイピングするのは非常に辛い。
この機能を使えば簡単に要点を控えることが出来る。

そう言う使い方に可能性を感じた。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です