2011年鹿児島~熊本~博多、九州半周の旅12:(福岡編 大宰府天満宮~国立九州博物館)

広告

大宰府と柳川を目指し、先ずは大宰府天満宮を目指しました。

前回はこちら

http://allseasonski.com/archives/2016

201105041449000

門前町は既にすごい人並です。

201105041453000

参道を進んで本殿に。

201105041454000

楼門の様子。華やかです。

201105041458000

本殿は賢くなりたい人でいっぱい。

201105041504000

天然記念物に指定されている大楠。

201105041511000

名物の梅が枝餅

201105041525000

裏手にエスカレーターがあったのでなんじゃらほい?と登ってみた。

201105041526000

古式豊かな神社と対照的な回廊を抜けるとそこには

201105041528000

超近代的な建造物、九州国立博物館がそこにある。

201105041530000

超近代建築と和式木造建築が同居している内部。

201105041534000

国立博物館は東京、奈良に訪れたことありますが、ここが一番シュールな造りです。

感想

太宰府天満宮に国立博物館が併設されているとは知らず偶然訪れました。

展示物は当然本物で、大陸文化の窓口としての役割をうかがい知れることが出来ました。

とにかくすごいの一言で、写真を撮れなかったことが悔やまれます(東京は大部分が撮影可能だったのでここも大丈夫だったと思います)

時間の都合で訪問できなかった柳川と合わせて是非また見学したいところでした。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です