音楽レビュー「FORCE」Superfly:ハードなメロディに載せられた理解不能な歌詞

広告


今回はスーパーフライの4枚目のアルバム「FORCE」をレビューしたい。

前作までと打って変わりタイトル曲をはじめハードロック調の曲が続く。
しかし、バラードでの歌声は以前と比べ、叩きつけるようなの激しさだけじゃなく、優しさも表現でき音域が広がったのではないか。

注目したいのはオープニングを飾るタイトル曲「FORCE」の歌詞。
「さらけ出せ鉄の扉を押し倒す力が欲しいのさ。バーチャルな世界に騙される前にいざアクション、呼び醒まそう、さぁ両手を空へとかざせ」

これは一体何を言っているのだろうか?
読めば読むほど意味不明だと思う。
しかし、人間の本質が自我ではないことが分かればこの歌詞が語るところは明快だ。
よくこんな概念を歌にしたもんだと思う(笑)

それはともかく、ハードロック系の曲はとことん激しく、バラードは優しく非常に聞き応えのあるアルバムだと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です