何でも突き詰めてやり過ぎない方が長続きすると思うこと。スケジューリングはユルユルで

広告

最初計画を立てるとあれもこれもと分刻みでタイトなスケジュールを組んでみたくもなるが、時間が経過すると大抵頓挫する。

それは当初のテンションが冷めて継続が苦痛になってくるからだ。
ある意味当然の帰結と言える。

計画を立てる時はあれこれ詰め込み過ぎず、さりとて達成のための要点を外さず作りたい。

張り切ってあれこれ詰めても時が経てば絶対に嫌になって来るのである。
それならば無理のないずっと継続出来る計画を立てる方が現実的ではないだろうか?

同時並行ですることは多くても3個くらい、それらがクリア出来たら次のステップに移行させるくらいがちょうど良いのではと思う。

物事は何でも欲張り過ぎは身を持ち崩すというものだと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です