健康がドンダケありがたいか。損ねて初めて分かる有難み

トレッドミルでランニング

広告

健康がどれだけありがたいか、普段意識することは余りないだろう。
程度の差こそあれ損ねて初めて有り難さを実感するのではないだろうか。

今回夏風邪をひき、同時に結膜炎にも罹って約二週間不自由な生活を送っている。
この間、運動は一切出来なかった。
やろうと思えばできたのだろうが悪化させてはいけないし、そもそも僕の場合はやる気が起きなかった。
人に伝染させてもいけないので楽しみにしていたイベントもキャンセルした。
命に別状ない症状でもこの調子だ。

今回の原因はおそらく免疫力低下だと思う。
気持ちは若い頃のままだが、肉体は確実に劣化して来ている。
ここ数年運動して鍛えたと言う自負もあるのだが、無茶なことは出来ない年齢に差し掛かっていることは間違いない。

これをきっかけに生活スタイルや生活習慣、たとえば食べる食事の内容や飲酒の量など見直す時期に差し掛かったと言うことなのかも知れない。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です