隣の芝は青く見えるか?自分が選択した生き方に覚悟を持つこと

広告

当然ながら若干50年足らずの人生だが、生きていると好不調の波がある。
上り調子の時もあれば下り坂の時もあるのだ。

下り坂にいる時は何をやっても上手くいかずそれこそ八方塞がりに感じて、ついつい俺の人生こんなのじゃない。とか嫌に他人のことが眩しく感じたりするのだが、それはお門違いと言うものだ。

好不調の波はあれ結局自分が選択して今ここにいる。
人生は選択の連続とも言う。
やるやらない、行く引き返す、決断する先延ばしする、その結果が今いる場所だ。

結局今の人生で選択した結果が今いる場所と言うことだ。
今が不満でも選択の結果ここにいると言うことを認識して、もし変えたいのならいつまでも他責とせず、ここで踏ん張るのか違う選択肢を選ぶのかよくよく考えなければならないと私は思う。

広告

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です