アドレナリンが出ている方がライティングははかどると言う実感

広告

何かについてカッカしておりアドレナリンが出ている時は対象に意識を向けがちになるだろうが、僕の場合そう言う時の方が集中して文章が書ける傾向にあるみたいだ。
気が散ることもなく、むしろ書きたい内容もいつもより思い浮かんで書くことに対して集中できる。
そう言う意味では高ぶった気分を鎮めるのに丁度良いクールダウンの手段かも知れない。
 
古来より写経などは心を鎮める手段として知られた方法だが、パソコンやスマホで文章を書くことやブログを書くことにも十分癒し効果があるのではないかと思う。
ちょっと気持ちが昂ぶった時、気分が沈んだ時などダイレクトにそれを表現しても良いしオブラートに包んで書いても良い。ブログで公開しても良いし、非公開にしても良い。
とにかく自分の心情や思考を整理する効果がライティングにはあると思う。
 
そうした昂ぶりを治めるためにアドレナリンが放出されている時はライティングがはかどるのかも知れない。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です