【スキー関連】僕が見て来たスキー技術の移り変わりについて:スキーを走らせる

広告

スキーの走りとは昔からよく聞いたテクニックだったが、一部上級者やプロスキーヤーしか出来ない技だと思っていた。
学生の時、バイトしていたスキースクールの副校長からブーツのソール一つ分の距離をターン後半に前に滑らせることが走りを生むと言うようなことを聞いて「はぁ?」とさっぱり分からなかった。
僕はと言えばスキーの上でバランスを取って滑るだけで精一杯でスキーの走りなどを意識できる余裕などなかったからだ。
元よりそんなテクニックは先に書いたように自分には関係ないと思い込んでいた。今にして思えば非常に残念な選択をしたなと後悔するが・・・
 
しかしカービングスキーになってレッスンなどに参加するとやたらとスキーを走らせることを推奨される。
専門誌でもスキーの走りに関する具体的な操作法についての記述がなされていることに驚いた。
あんなものプロの秘伝みたいなものだと思っていたからだ。
 
ターン切り替えの時、圧を解放すると同時に足を少し前に送り出してやる。
これが走りを生み出す操作かな?と思っている(間違っていたなら済みません)。
そしてこれを言ってはお終いよ的発言だが、僕自身スキーの走りとは一体何なのか?まだよく理解していないのが現状だ。
 
時々動画を見てくれた人が「太郎さんも最近スキーが走り出しましたねぇ」とか言われるのは嬉しいのだが、「え、どこに?」と声なき疑問を発している事実は口が裂けても言えない。
切り替えから次の谷回りの間にヒュンと速く移動する瞬間、あれがスキーの走りなのだろうか?
ショートターンになるともっとわからん。今度さりげなく聞いてみよう(笑)
 
とまぁ、カービングスキーになって以前なら難しかったテクニックが容易になったのだろう。
そう言うことにしておこう。
なにしろカービングターン自体が昔のスキーでは一部トップスキーヤーにしか許されないテクニックだったのだから・・・

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です