ブログを書くようになって自分でも変わったなと思うことについて。心境の変化など:人は人、自分は自分

広告

ブログを書くようになって自分自身で変化を感じた事などを述べてみたい。
ここ最近の出来事を振り返ってみて感じるのは感情の起伏が少なくなったことかも知れない。
 
僕はかなり短気で怒りっぽい性格だ。
どちらかと言えば気性は荒い方だろう。
以前は一度怒りを覚えると長らくその感情が持続しその結果疲れることも多かった。
端的に言うと根に持つタイプだ。
これは自分でも驚いているのだが一時的に怒りを覚えることがあっても平常の感情に戻る時間が短くなったと思う。
 
もうひとつは他人の言動が余り気にならなくなって来たことだ。
人は人、自分は自分と割り切れるようになった。
 
やはり自分の中に存在する感情や思考を書き出すことによって明らかにし、客観的に認識するようになったことが大きいのだろう。
ブログを書くことはセルフメディケーションだと誰かが言っていたがまさしくその通りだと思う。
 
情報発信だけでなく自分の心理状態の安定も図れるのならこれからもブログを書くことを継続して行きたい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です