【スキー関連】僕が見て来たスキー技術の移り変わりについて:荷重ポイント

広告

新しいスキー(カービングスキー)になって一番戸惑ったこと。
それは荷重ポイントだった。
 
今だから言えることだがカービングスキーで滑る時の荷重ポイントは踵寄りだ。
足裏の重心の移動はターン切り替えから谷回り部分は拇指球辺りから土踏まず中心辺り、山回り部分からターンマックスに掛けて土踏まず踵寄りでマックスを迎える。
重心を腰からクルブシを通して踵寄りに伝える感じだ。
 
ところが旧スキーではターンマックス時、重心を掛けるポイントはつま先寄り拇指球の部分だったのだ。
昔のスキーはトップ部分に重心を掛ける必要があった。そのため僕ら昔スキーヤーは先輩からもっとトップを押さえろ!と怒られたものだ。
だから僕ら世代のスキーヤーはまだつま先よりに荷重して滑っている人が多い。
特に新しい形状のスキーになってからプロスキーヤーに手ほどきを受けなかったかつての級持ちスキーヤーほどその傾向が強いと思われる。
 
僕は復帰後3シーズン目にデモのレッスンを受講した時に「太郎さん、もっとテールを使って滑ってください」と指示される意味が全く分からなかったのだが、その後色々調べて行くとそう言う意味だったのだ。
昔のスキーと今のスキーとでは荷重ポイントが全く異なっている。この前提条件を知らないとレッスンを受講しても混乱するだけなのだ。
 
僕ら昔スキーヤーはどうしてもトップ部分に荷重する、これはテール側に重心を持って行くと後傾じゃないのか?と思ってしまうところにもあると思う。
しかしカービングスキーでトップ側で荷重するとテールがずれて綺麗なカービングターンが描けない。
一体オッサンおばさんスキーヤーはこの矛盾にどう折り合いを付けるのか?
 
ひとつは踵寄りに荷重すると言っても頭から足裏までは一本の軸をイメージしないといけない。
踵寄りに重心が乗るとは言え、上体が後ろに煽られると完全な後傾となるので、両腕を前に出して上体が遅れないように心掛ける必要があると思う。
今のスキーヤーのフォームを見ると昔に比べて低いアングルなのに気付く。
横から見て股関節を中心に下腹部と両脚の付け根を折り、その部分にストックを挟めるくらい出っ尻にして上体は煽られないように背筋を伸ばす。
これで重心がクルブシを通じてアーチの踵寄りに重心を落とせるはずだ。
 
今の滑りのフォームは長距離で滑ることに適していないと思う。
状況に合わせて高いポジションで滑るなどして膝や腰に掛かる負担を減らして楽しく滑るように心掛けている。
そしてここぞ!と言う時は今風の滑りにチェンジするのだ。
これはこれでとても楽しい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です