ブログ関連初歩的な疑問に答える(12)結論を最初に持ってこよう

広告

よくビジネス文書の書き方でも言われることだが、まず結論を書いてその理由や根拠を2~3追従させる。
こうした文章の構造がビジネス文書では標準となる。
ブログも全く同じで、まず結論を書く。そして関連することを2~3書くことが望ましいと言える。
 
ブログが閲覧される時間帯を見てみると、大まかに朝7時半~9時、昼の12時頃、夕方5時過ぎ、晩910時頃に集中する傾向がある。
これを紐解いてみると、通勤途上や昼休み中の会社員、夕食準備前の主婦の方などが想像できるのではないか?と思う。
と言うことはそんなにじっくり読む時間はないはずでスマホで電車の中などで眺めていると想像する。
 
となると結論を書いておかないと途中で読むのを中断して次の検索をされてしまう恐れがあるのだ。
書く方としては導入部からじっくり読ませたい気持ちは重々承知であるが、結論を先に書いた方が良いと思う。
タイトルが全てを語っていても構わない。
 
ネットやブログでおなじみのHTMLとはHyper Text Makeup Laguageの略で、文章の論理構造を明確にするものだ。
従ってブログで書く内容も構造化して伝えるのが望ましいと思う。
必ずしもこの限りではないとは思うが、より伝わりやすい方法として心掛けておきたいものだ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です