書評「薮の中」芥川龍之介

広告

 黒澤明監督の「羅生門」の原作にもなった芥川龍之介原作「藪の中」のレビュー。

ストーリー

薮の中で侍の死体が見つかる。検非違使が目撃者と犯人から事情聴取する。
 

木こり

死体の第一発見者。死体の傍に縄と櫛が落ちていたことを証言する。

旅法師

死体の男を前日見掛けたことを証言する。馬に乗った女を連れていたことと、身体的特徴を証言。

放免

都で有名な盗賊多嚢丸を拿捕した。弓矢や連れていた馬が先の旅法師の証言と一致するので検非違使に犯人は多嚢丸だと断言する。非常に女好きだとも付け加える。

死体の娘の親。夫は金沢武弘と言い若狭の国府の侍で歳は二十六、娘真砂は十九で非常に勝気な性分、二人は昨日若狭に向けて旅立ったところだったと証言。

多嚢丸(犯人)

確かに男を殺したと自白。理由は連れの女(真砂)に心を奪われたので薮に宝があると誘い夫を木の根元に縛り上げた。それを見た女は事情を察し、二人の男に自分の恥を見せるのは死ぬほどつらいので戦って生き残った方に連れ添いたいと多嚢丸に懇願、縄を解いて金沢と剣を交えとどめを刺した時には女の姿はなかったと証言。

清水寺に来れる女(真砂)の懺悔

夫の前で多嚢丸に手ごめにされたので、恥を背負ってこの先生きて行く訳にも行かず、夫に自分も死ぬから貴方も死んでと小刀で夫の胸を刺した。しかし自分は死にきれなかったと懺悔する。

巫女に呼び出された死霊の独白

縛られた自分の前で多嚢丸に手ごめにされた様子を見て、妻に目配せでそんな男のことを聞くなと言ったがどうも妻は盗賊に心を奪われたようだ。あろうことか盗賊に向かって自分(金沢)を殺してくれと言い放った。今までこのような憎むべき言葉を聞いたことがあるだろうか。盗賊は妻を蹴り倒し自分に「あの女を生かすか殺すかどうする?頷くだけで良い」と尋ねてきた。その間に素早く妻は逃げ去ってしまった。
盗賊は自分の縄を切り薮の外に姿を消した。足元を見ると小刀が落ちていたので絶望した自分はそれで胸を突いて草むらに倒れた。喉元に血が溢れて意識が遠くなって来た時に誰かが来たことを微かに憶えていると告白。
 

レビュー

物語は特別オチもなく、死霊の独白が済むとふっつりとそこで終わる。
まさに真相は薮の中だ。
話の中心は言う間でもなく多嚢丸、女、死霊だろう。
しかも三者三様で話に食い違いが生じている。
よく見ると全て告白者自身が事件の主人公になろうとしているのが伺えて面白い。
 
真実はどこにあるのか?
現実的に考えて見ると殺された金沢自身の証言が最も説得力があると思うのだが、死霊と言う存在がいまひとつ胡散臭い。
この時代背景では説得力のある証言なのかも知れないが。
おそらくこの作品自体そう言う事件の解決を意図したものではないのだろう。
 
読後結末の分からないもやもやした気持ちだけが残るまさに真相は薮の中にあることを実感する物語だと感じる。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です