ラッキーパンチについて。力の抜けたパンチがKOを呼び込むこともある。ブログ記事も同じ

広告

ブログを書いていると色々面白いことに出会う。
自分ではこれは面白いとか情報として役立つだろうと思い結構時間を掛けて原稿を作成し、期待を込めて投稿すれば予想に反して反応が皆無な時がある。
こういう時はやはりガッカリする。ま、仕方のないことですが。
 
反面、何気なく書いた記事(決していい加減に書いたものではない)がこちらの予想に反してとんでもなく反応を得ることもある。
そういう時は朝に何気なく分析ソフトを覗くと折れ線グラフが急激に上昇してて一気に目が覚めたりする(笑)
 
よくボクシングなどでラッキーパンチと言うのがある。
力の抜けたパンチが実は威力があり、何気なく放った一撃がタイミング良く決まり相手をノックアウトしてしまう。
ブログ記事もそう言うものではないだろうか。
あれこれ考えて捻り出した記事と言うものは読み手にとっては作者のあざとさが見え逆に読む気を無くす、もしくは重すぎて目を逸らすなど(笑)
力の抜けたゆる~い投稿が却って本質を突いて読み手の心に届くのかも知れない。
 
しかしこう言うことは続かないと言うことも心に留めておくべきである。
ジャンボ尾崎がこんなことを言っていたのを思い出す。
「根拠のないナイスショットは続かない」
まさにその通りだと思う。何かしら弛まぬネタの仕入れは必要なのだ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です