アドラー心理学「嫌われる勇気」を読んで(途中経過)

広告

話題のベストセラー「嫌われる勇気」を読んでいる。
まだ途中なのでレビューは改めて書きたいが、ベースになっているアドラー心理学が他のフロイトやユングが提唱したトラウマによる原因説から現在の心理状況を導き出しているのではなく、自分が望んで今の状況を選択している。と言う箇所が受けるのだろう。

従って人間は過去に関係なく望めば現在の状況を変えられる。何とも希望が持てる話だと思う。

心理学者と青年の対話形式で進むこの作品は読みやすいし、話題に出される例示が自分と重なる部分も多く参考になるところも多い。

この先読み進めていく中でどんな発見があるのだろうと楽しみな一冊だ。
と言うことで今から続きを読みたい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です