この先10年で無くなる仕事について考えて見たりしたこと

スマホ

広告

最近良く見かける記事でこの先10年で無くなる仕事と言うものがある。
この先人工知能の急激な発達によって今まで人間がやって来た仕事の大半が機械に置き換えられると言うことだ。

単純な肉体労働や事務作業、果ては士業と言われる分野も機械に置き換えられることが可能らしい。

まぁ、今僕がやっているような仕事は確実に機械に取って代わられるのだろうが、意思決定を伴うことも人工知能に代替可能であれば会社員と言う職業自体がそっくり無くなってしまうのかも知れない。

そもそもいつの時代でも技術革新が起こる時はそれまでのパラダイムの転換が起こる訳で混乱を経て収束に向かうことになる。
今回はどんなところに落ち着くのかわからないが…

いずれにせよ、どのような事態になったにせよ隙間と言うものは必ず存在するのでそこに今後の生きて行く道があるのではないかと思っている。

人だけが出来て機械ができないもの。
表舞台から退場するものも多い中で今まで隅に追いやられていたようなことが陽の目を浴びるかも知れない。

まぁいずれにせよ色々と模索することは止めないでおきたい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です