本を読んで現状を変化させるには。書かれている内容を自分なりに落とし込んで少しでも実行していくこと

広告

 本を読む目的は色々あると思うが大きな目的のひとつに情報収集があると思う。
現在の自分の状況を改善するための情報が目指す本の中に存在する可能性は高い。
しかし多くの人は読了して「良かった」、「面白かった」で終了する場合が多い。
中には本を入手した時点で目的は達成したと満足してそのまま積読と化してしまう場合も。。。
 
自分でも思い当たる節はあるが書いている内容に感銘してもやってみなければ何の変化も生じない。
ではどうすれば良いか?
やはり読んだ内容を少しでも実行してみることだろう。
多少自分に合うようにカスタマイズしつつしばらく実行して見る。
効果があれば変化していくしなければ諦めて次を試せば良いだけの話だ。
 
あとは書いている内容の理解を深めるには何度も同じ本を読むか、書評などでまとめてみるのもひとつの方法だと思う。
本への理解が深まることはそれだけ自分が興味がある事柄を実行に移せる可能性が高まるからだ。
 
今まで読んだ本の中にはそれまでの習慣や考え方をはっきりと軌道修正出来たものが確かに存在した。
そう言うものに巡り合えることが本を読む醍醐味でもあるが、読んだ内容を確実に実行して改善策を打てるようにはこれからもしていきたい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です