文章の組立が必要なものは大抵心に引っ掛かっているものが多い。書き出すことが思考や感情の整理に役立っていると思う

広告

ブログを書く時タイトルさえ浮かべば内容は自然と浮かんで来ると書いたことがあった。
確かにそうなのだがスッと浮かんでスラスラ書けるものと、内容の組立が必要なものが存在する。
 
スラスラ書けるものはタイトルを思いついた瞬間に書きたいことがドンドン思い浮かんでそれをなぞって形にするだけなので書くことに関するストレスは非常に小さい。
 
一方書きたいことはあるが文章化するまで非常に骨が折れるものもある。
これらの違いはどういうものか?と思いを巡らせてみると伝えたいことが多い場合、テーマが具体化するには抽象的な場合が多いように思える。
 
この様な内容を書き出し、それが上手く表現出来た時は非常に満足感は大きいが個人的なことに関することが大半なので読み手には受けず自己満足に終始することが多いのだがそれでも書き続ける意義はあると思っている。
そんなケースは大体自分の心に引っ掛かっているものが多いのでそれらを書き出すことは思考の整理となり余り物事に囚われることも少なくなるように思う。
ひとつ書くごとに悩みが少なくなると言う感じだろうか(笑)
このように文章を書くことはセルフメンタルケアの側面もあると思う訳だ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です