【ご報告】半年連続毎日4投稿の目標達成しました。

広告

今年の423日から始めた毎日ブログを4投稿することが前回の投稿で目標を達成しました。
180日間で720投稿しました。
 
思い返せば昨年の11月にプロブロガーの立花岳志さんが主催するブロガーの集まりD-pub in 神戸に何も分からず参加して楽しそうに過ごしている皆さんを見て、自分もこうなれたら良いなと思ったことがスタートだったと思います。
 
その時のご縁を頼って4月にものくろ師匠こと大東信仁さんのブログ塾に参加、ものくろさんの何気ないアドバイスに発奮してこの日から始めたこのチャレンジでした。
 
プロを目指す人は14つは書いている。確かそんな一言だったと思います。
それから毎日ストックを含めて原稿を5本、投稿は朝昼夕晩の4回更新して来ました。
 
当初書くことは無限にある、と言い切ってスタートしましたが10日くらいで早々とネタ切れ。殆ど意地だけで更新して来たのが実感ですが、人間追い込まれると無理矢理でも創作しようとの回路が働き出すものだな、と実感しました。
寝ても冷めてもネタのことを考えたように思います。
 
一旦ルーティンが固定すると案外それを回すのは簡単でした。
困ったのは二回。
 
ひとつは7月にひどい夏風邪とウィルス性結膜炎に罹った時です。
もうひとつは夏休みの四国と長野への旅行期間。
余り原稿のストックは鮮度が落ちるので避けたいのですが、この時は膨大なストックに助けられました。
乏しいPCの知識を総動員して現地で更新出来るように手を打ったのも連投を途切れさせない大きな要因だったと思います。

後半に入ると何故こんなに書けるのですか?と尋ねられることも頻繁に起こるようになりました。
ひとえに大したことや小賢いことを書こうと思わないことだと思います。
同じブロガーの人がブログなんて好きなことを書けば良いと言ってるのを見ましたが僕もそう思います。
 
反面この頃から人が欲してる情報発信しているのか?と言うこともよく考えるようになりました。
頭に浮かんだことをそのまま垂れ流すのは完全に自己満足の世界です。
情報発信と言う面からは自分の得意分野とニーズとの接点を模索して行かねばなりませんでした。
そこで捻り出したのが趣味のスキーに関する投稿でした。
僕は数年前に20年振りにスキーを再開した出戻りスキーヤーなので、当時と現在の道具や技術の変化で感じたことをまとめてみました。
 
存外にこれが受けて今後のメインコンテンツのひとつとしてやって行ける自信にもなりました。
また今まで頭の中にボンヤリ存在していたスキー技術を文章化すると言う一種白日の下に晒すことによって情報の整理にも大きく役立ちました。
そしてこうした持論を豊富な知識と経験のある人が集まるFacebookのスキー関係のコミュニティにアップすることで案外自分が思ってきたことは正しかったのだと言う自信にも繋がったのは大きな成果でした。
今後はこれを軸にしつつ他にも役立つ情報発信をしていけるかが次の目標だと思っています。
 
ブログを書き続けることで自分の内面にも変化を感じました。
書き出すことは自分の頭の中の整理にも役立つのでしょう。文章は自分の頭の中から生み出されるので当然かも知れません。
思考が整理されることで感情の起伏や以前より穏やかになり、気持ちの割り切りもスムーズに行えるようになった実感があります。
ブログにはセルフメディケーションの効果があると言われますがまさに同意するところです。
これを実感するだけでもブログを書く意義は充分にあると思います。
もしこの一文を目にされた方はこれを機会とブログを始めてみられるのもチャンスだと思います。
 
 
長々となってしまいました。
とりあえずひとつのチャレンジが終わりました。
もちろん今まではブロガーとしてやっていけるか?との課題のクリアだったのでこれで終わりではありません。
そしてこの投稿が新たな幕開けでもあります。
今後はちょっと投稿本数を落としてでもよくよく考えたものをアップして行きたいと思います。
それが読んでいただける方に何らかお役に立てたり忙しいひとときの一服の清涼剤になれたら幸いだと思います。
 
明日は原点回帰で立花岳志さんのセミナー受講で高松まで行ってきます。
必ずパワーアップして帰って来ますので楽しみにしておいてください。
 
最後になりましたが、ブログの運営に当たって色々指導下さったものくろ師匠こと大東信仁さんに感謝致します。
様々なアドバイス、セミナー代金以上のサポートどうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
人のこと考え過ぎて健康損ねんようにね!()
 
人に役立つ情報発信を心掛けつつもこれだけは忘れずにやって行きたい。
 
「ブログは質より量より更新頻度!」

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です