本当に必要?段階的に年賀状を止めていこうと思っています。変えられるものは変えていったら良いんちゃうの?

広告

そろそろ年賀状を準備する時期となった。
我が家も昨日12月4日に手配を完了したのだが、枚数は大幅に減らした。

昨年数人の方が果たして年賀状は必要か?と言う内容の投稿を読み、なるほどなと感じるところがあったのと数年前から今この時代に年賀状って本当に必要?と思っていたので、段階的に出すのを止めようと思い実行することにした。

そこにも書かれていたと思うが、郵便しか通信手段がない時代ならいざ知らず、今やネットが発達し、意思の伝達手段は手紙やハガキに頼らずとも十分可能な時代だ。
なぜそんな時代に前時代の手段に頼らねばならないのか?

わざわざ手紙にしないと心が籠らないとの意見もありなるほどと思わなくもないが、一例を挙げれば履歴書なども手書きが相手の心に響くので手書きにすべしと長年定説のように言われていたが、最近ではネットによるエントリーでないと受け付けない企業も現れている。
時代が変わったと言うことではないだろうか?

とは言え、従来のハガキでないと連絡が取れない人やハガキの年賀状でないと我慢できない古いタイプの人、ぶっちゃけ会社関係は年賀状を用意するが、SNSでつながっている友人にはSNSで対応しようと思っている。

言うまでもなく時代は進んでいる。
変えないものも大切だと思うが、変えれるものは新しいやり方にしていく方が僕は良いと思うので、とりあえず郵便による年賀状のやり取りは今後段階的に廃止していくつもりだ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です