浦島スキー太郎が思う基礎スキーでロングターン専用のスキーは果たして必要だろうか?

広告

スキーの形状がカービングスキーに変化してからスキー自体用途別に特化が進んだように思える。
カービングスキーになる前は、ほぼ一台のスキーで、大回りも小回りもこなし、それで深雪(パウダー)にも入って行ったように記憶するが、現在は先にも書いたが用途別にそれぞれスキーが存在する。
深雪なら浮力を得るため幅広のファットスキーを使用すると言うように。
 
僕がやっている基礎スキーの分野でも種目によって大回り用小回り用とそれぞれ専用のスキーが存在する。
技術選に出場する選手は言うに及ばず、エキスパートを自認するスキーヤーやプライズテスト以上の検定にチャレンジするスキーヤーはロング・ショート専用スキーを使い分けている人を多く見掛ける。
しかし僕はあくまで僕の意見だが基礎スキーにおいてロングターン専用スキーって本当に必要なのか?と思っている。
 
あくまで基礎スキー限定での話だが、ロングターン専用スキーは長さは175-180㎝、サイドカーブは20-25mくらいが標準だろうか。
当然長さ165㎝、サイドカーブ12-14mのショートターン専用スキーより回転半径が大きい分ロングターンに向いている。
何より長いので高速安定性に優れている。とは言えショーターンでロングターンが出来ないか?と言えばそんなこともない。
スピードも余程ハイスピードで滑らない限り、スキーの挙動に悪影響を与えると言うこともないだろう。
何よりも技術選種目でも、ロングターンショートターン織り交ぜ滑らねばならない種目ではショートターン専用スキーの使用が義務付けられている。
 
もうひとつはゲレンデのレイアウトや斜面状況だ。
ロングターン専用スキーは基本整地された幅広いゲレンデに向いている。
特に試合や検定などで規制されたコートならいざ知らず、多くのスキーヤーでひしめくゲレンデで高速クルーズ出来るのはごく限られたシチュエーションとなるだろう。
小規模なスキー場であればセンターハウス前に使わないスキーを置いておくことも可能だが、コースがいくつもある大きなスキー場ならゴンドラやリフトで使わないスキーを帯同する必要も生じる。
果たしてそんなことをしておれるだろうか?
それにコブ斜面など不整地では強烈なネジレや圧が加わるので変形の危険性も生じるので余り不整地では使わない方が賢明だろう。
要は使用できるシチュエーションが限定されるのを覚悟しておかねばならない。
 
以上つらつらと要らない理由を書いてみたが、僕が実際初めてロングターン専用スキーで滑ったのは実は2016年の3月だった。
春先のニューモデル試乗会で初めて履いたのだった。
そこで上記のことを感じた次第だ。
意外にもロングターン専用スキーでもショートターンは十分こなせるし、勿論ショートターン専用スキーでもロングターンは問題なくこなせる。
となると、不整地での使用を考えるとショートターン専用スキー一本で充分事足りるのではないか?との結論だ。
 
勿論各々専用スキーを使い分けることには何ら異論をはさむつもりはない。
選手ともなればそれも必要だろうし、選手でなくてもこだわる人はこだわれば良いと思う。
しかしプライズなどの検定を受けたり、技術選の地区予選で優勝狙いとはいかないまでも自己ベスト更新を目指すスキーヤーであればショートターン専用スキー一本で充分事足りると思う。
と言うことで僕はこれからもショートターン専用スキー一本ですべてこなそうと思っている。
・・・
 
 
2本も揃えるとお金が掛かるので両方持っているスキーヤーを羨ましく思っていると言うのは内緒の話だ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です