冬の休日に大阪市北区中之島を散策して来た:大阪市役所~中央公会堂の風景

広告

2017年も明けた1月の週末に奥さんの用事で大阪市役所を訪れた。

大阪は地元だし勤務先は大阪市内なんだが、普段はこの辺りもクルマで通過するだけなので、せっかくクルマを駐車したのでゆっくりと見てみようと思い立った。

早速紹介しよう。

 

 

▲大阪市庁舎。白い巨塔と言う表現がピッタリか。ま、病院とはちゃうけど。

▲市庁舎玄関。裏手です。

▲裏手のエントランスやけど大理石で立派でんな。

▲天井のレリーフ。模様は人の調和を表しているのかな?是非現実もそうであって欲しいものやね。

裏手からそのまま直進して正面のホールへ。一気に天井が高くなる。

▲正面エントランスホール。立派だ。さすが国内第2の大都市の市庁舎だけのことはある。

 

▲市役所裏手にある大阪府立中之島図書館。市の施設の対面に府の施設があるなんて対立構造の遺物か?(笑)

でも建物は立派やな。

▲中央公会堂。重文にも指定されている公民館(集会施設)だ。株式仲買人だった岩本栄之助の寄付(当時の金額で100万円)により建造された。

昔はそう言う豪快なお金の使い方をする金持ちがいたと言う証やね。

尚岩本氏は後に株で大損を出して拳銃自殺でこの世を去る。悲しいけどドラマチックな人生やね・・・

▲ネオルネッサンス様式をベースにバロック建築の壮大さを表現した建築(らしい)。

▲詳しくは案内板をごらんください(笑)

 

 

感想

他にもこの近辺には中之島のバラ園など憩いの場所があるが残念ながら時間の都合で訪問できなかった。

商都大阪の華やかなりし頃の建造物が立ち並ぶこの近辺。それらを見物しながら嫁はんや恋人と散策するのも一興でよろし。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です