京阪神代表のスキー場と言えばこちら!スノーパーク奥神鍋(兵庫県豊岡市)

広告

大阪はじめ京阪神地区からも手軽にアクセスできる兵庫県但馬地方にあるスキー場「スノーパーク奥神鍋」を紹介する。

こちら同地区にあるハチ北・ハチ高原スキー場と並んで関西を代表する古くから存在するスキー場だ。

レジャースキーのみならず、その変化に富んだコースレイアウトを活用して大きなスキー大会やスキー連盟の各種研修会のメッカともなっている。

早速紹介しよう。

 

▲駐車場からアクセスリフトでゲレンデに向かう。

▲最下部のスーパーゲレンデ。こちらのメインゲレンデとなる。最下部ながら中急斜面のコースレイアウトで、こうしてスキー大会のメイン会場で利用されることが多い。今回は大阪府スキー技術選手権大会のメインバーンとなっている。

▲私も選手として参加しておりました。出走前の1枚、緊張感ないなー(笑)麓に見えるのは民宿街。こちら軒並み安くて食事が美味い!それも楽しみだ。

▲宿泊街は建物が密集しているので道が狭く、距離は知れているので駐車場に自動車を置いて歩いてそれぞれの民宿に向かう方が良いだろう。店によっては送迎もある。

▲スーパーゲレンデの一つ上のコースである「ロマンスコース」緩斜面でゆったりとクルージングできるコースだ。

▲更にリフトを乗り継いで山頂へ。

▲山頂に広がる「栃の木コース」。この日はそうでもないがここは大きなコブ斜面となる。麓まで最長3kmのロングランが可能だ。

▲もうひとつのペアリフト(第6ペアリフト)に乗ると隣に広がる「万場スキー場」に行ける。

もちろんリフト券は共通だ。天気が良ければ日本海が望める。

▲万場スキー場上部。緩中斜面で練習に最適だ。

▲そこで営業しているレストハウス「ロッジTEN」

▲垢抜けない昭和の香りプンプン。

▲スキー場によくあるストーブ。これも昭和チック。

▲ゲレ食と言えばカツカレーでしょ(笑)

▲夕暮れのスーパーゲレンデ。週末の夜はナイター営業となる。こちらのナイターは斜度的にも申し分ないだろう。

大きなスキー場でもなかなかないね。

 

感想

シーズンは12月半ばから人工雪ゲレンデでオープンし、長くて3月第3週目でクローズしてしまうこちらのスキー場。

雪さえ安定して豊富にあればわざわざ大阪から甲信越のスキー場に遠征しなくても良いのにといつも思う。

それが非常に惜しい。

もちろん雪質は西日本山陰側特有の重さで、バーン状況によっては非常に難しい操作を強いられるのがこのゲレンデの特徴だが、それをデメリットと取るかメリットと考えるかでこのスキー場の魅力は大きく変化するだろう。

要はここを満足に滑ることが出来れば、どこのスキー場でも滑ることが出来ると言うことだ。

小規模でコンパクトながらバリエーションに富んだコースレイアウトもチャレンジ意欲をそそるゲレンデだと言える。

だからこそ西日本エリアの多くのスキー大会の会場にもなるのだろう。

またこちら安価で美味い食事を出す民宿が麓にひしめき合っている。

昼はスキーで、夜は山陰直送のカニ鍋や但馬牛のすき焼きを囲んでアフタースキーを楽しむのもまた格別なのだ。

 

スノーパーク奥神鍋の情報はこちら

okukan.com/

 

 

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です