コリアンダイニング李朝園りんくう店~辛くないのに唐辛子の風味はしっかり残っている不思議なキムチが美味かった!【お店紹介】

広告

休日によく行く関西国際空港脇のショッピングモールの「りんくうシークル」。

この日も奥さんとショッピングに出向き、お昼に何を食べようか?と見渡してみたがお昼時でどこも満席。

そんな中でこの「李朝園」と言うコリアンダイニングが余裕がありそうだったので試しに入ってみた。

これがとんでもなく当たりだったので紹介したい。

 

▲りんくうシークルの専門店街入り口にそのお店は存在した。

▲ランチセットをババーンと前面にアピールしている。

▲店内は広く、キャパシティも十分ある(顔が写るのでその写真はなしで(笑))。

 

▲メニューは表の看板にあったランチセット。僕は人気ナンバー2のたらふくセット(880円)をオーダー。

安い!

▲まずはサービス品のキムチ(食べ放題)が出てくる。これが実はとんでもなく・・・

▲飲み放題のトウモロコシ茶。これも素朴な味で美味かった。

▲ジャジャーン!たらふくセット。石焼ピビンバとハーフ冷麺のセットだ。

▲冷麺を食べるのも久し振りだった。最初からお酢は掛かっていた。

▲独特な弾力のある麺。余り伸びないから良いね。

▲メインの石焼ピビンバは付属のコチジャンを入れて食べたい。非常にスパイシーに作るお店もあるがここのはマイルド。

▲よくマゼマゼして頂く。お味は言うまでもなく。

▲うんメェ~!

▲キムチに対する店主の思いが掛かれていました。読めば納得!

 

感想

こちら大阪府下と滋賀県、奈良県合わせて17店舗を展開しているようだ。

奥さんと昼ごはん何を食べようか?と偶然入ったお店だったが、何よりもキムチの美味さに驚いた。

辛くないのだ。でもしっかりキムチとしての体裁は保っている。

これくらいしか表現できないのがまどろっこしい。

余りの美味しさにお代わりしてしまった(こちらはサービスで出されるキムチなのでお代わり自由)。

これなら唐辛子の刺激に弱くキムチを敬遠する人でも十分美味しく食べられるだろう。

オーナーは日本食の発酵技術を研究し、キムチに取り入れたようだ。

今でもキムチはずっと改良を続けているらしい。それは正解だと思う。

キムチばかりになったが、頼んだ韓国料理はポピュラーな家庭料理で、非常に美味しかった。

値段もリーズナブルで安心して入れるお店だと思う。

また行ってみたい。

 

お店の情報はこちら

richouen.co.jp/store-information/korean-dining/

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です