OGASAKA KEO’S-RX オガサカの基礎スキー用フラッグシップモデル 2017-18シーズンニューモデルスキーインプレッション

広告

オガサカの基礎スキー用フラッグシップモデルであるKEO’S-RX(ケオッズ)を野沢温泉で試乗したのでレポートする。

メーカーに聞くと現行モデルよりも細身にしたので操作性が上がったとのことだが果たしてどうか?

 

斜面状況

日程:2017年4月16日

試乗バーン:野沢温泉やまびこゲレンデ

バーン斜度:15-20度

斜面状況:ナチュラルバーン、コブ

天候:雨、視界不良

雪質:重い湿雪

スキー概要

名称:KEO’S-RX(ケオッズ-RX)

長さ:165㎝

幅(トップ/センター/テール):113㎜/67㎜/96㎜

サイドカーブ:R=15.5m

構造:シェルトップ構造

 

 

印象

試乗したのはケオッズのラインナップで最上機種のRXと言うモデル。

ゲレンデ状況は視界が非常に悪く雪質も最悪の状態だったが、一言で非常にコントロールしやすいと言う印象だ。

あるデモが今度のケオッズは良い!と太鼓判を押していたが、その言葉が非常によく分かる。

とにかくこの悪雪の中で切替が引っ掛かることもなく非常にスムーズだ。

2シーズン前のケオッズも試乗したことがあるが、その時はトップの挙動が安定せず僕の好みでないフィーリングだったが、今回のモデルは適度に直進して適度に回る感じだ。

直進安定性に優れ、回したい時に回る。そんな感じだ。

ショートターンはこの悪雪の中でも切換で足を取られることもなく安定してスキーが回って行く。

ケオッズはこの一本でショートもロングもこなせると言ううたい文句だ。回転半径が15.5mとショートターンをするスキーにしては若干大き目だがロングターンを考慮してのことだろう。今回試せなかったのが残念だ。

ズラして良し、切って良しのオールラウンドタイプで、メーカーのうたい文句通り、プライズテストなどはこれ一本で充分対応できると思う。

但し、操作性に重きを置いている感がするのでスキーの走りは余り期待できないような気がする。

走りが欲しければTC-SCが良いかも知れない。その辺りは好みの問題だろう。

TC-SCのインプレッションはこちら

allseasonski.com/archives/4808

2級くらいのスキーヤーであれば充分使いこなせるだろう。2級からクラウンまで長くお付き合い出来ると思う。技術向上を目指すスキーヤーにおススメの一本だ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です