NORDICA DOBERMANN SL WC PLATE~異次元の滑りを体感できる究極の戦闘機【2017-18シーズンニューモデルスキーインプレッション】

広告

ノルディカ ドーベルマンを試乗した。

ノルディカのスキーに乗ること自体初めてだ。スキーメーカーとしては後発組でむしろブーツメーカーとしての印象の方が僕は強いが、近年アルペンでも基礎でも選手の使用率は高い。

ドーベルマン ワールドカップ SL PLATEと言われるだけあって純競技用モデルだ。説明してくれたメーカーの人は選手用だと言っていたが果たして1級程度のおっさんに乗れるのか?

斜面状況

日程:2017年4月16日

試乗バーン:野沢温泉やまびこゲレンデ

バーン斜度:15-20度

斜面状況:ナチュラルバーン、コブ

天候:雨、視界不良

雪質:重い湿雪

スキー概要

名称:NORDICA DOBERMANN SL WC PLATE(ノルディカ ドーベルマン SL ワールドカッププレート)

長さ:165㎝

幅(トップ/センター/テール):不明(詳細調査中)

サイドカーブ:不明(詳細調査中)

構造:不明(詳細調査中)

▲おなじみのノルディカのカラーリング。

▲見るほどに戦闘的なデザインとフォルムだ。

印象

ブースでセッティングして貰いリフトに向かうスロープを滑っただけで「この板は違う!」と直感した。

はやる気持ちで早々にリフトを下り本腰を入れてショートターンで滑り出して驚愕した。

今まで履いた他のどのスキーとも次元が違うフィーリング。

踏めばR通りに回転弧を描きながらターン終盤に掛けてスパーンッ!と走っていく。ギュイーンッ!じゃなくスパーンッ!だ。ムチャクチャ走る!

踏む・雪面を捉えて回転する・そしてスパーン!と走る・踏む・雪面を捉える・スパーン!・・・この繰り返しでムチャ楽しい。

丸い弧を描くと言うより、ターン前半でエッジが雪面を噛んで捉えるとそのままストレートに走ると言えば良いのだろうか?・・・

まさにドーベルマンと言うネーミングがピッタリのフィーリングだ。

レスポンス最高!かと言って難しくない。むしろ操作しやすいスキーだ。

ブースに帰ってメーカーの人にフィーリングを伝えると、選手用と言って敬遠される方は多いがむしろ操作しやすいスキーだと言われた。

やはり自分の感覚は正しかったのだ。

コブ斜面にも入ったが反発で弾かれることもなくスムーズに操作することが出来る。技術選でもデモモデルではなく、純競技用のこのスキーを使用する選手も多いらしいが履いてみて納得だ。

ただロングターンはさすがにサイドカーブ通りで(おそらくR=13ⅿくらいか)回転半径が小さくなりがちだが、そこは調整すれば問題ないだろう。ある意味素直な板だと思う。

1級程度の腕前があればデモモデルとは違う次元のフィーリングを体感することは出来るだろう。だって僕がそうだから(笑)

今回試乗したスキーの中で断トツの最高評価。

これは良い!お勧めです。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です