KEI SKI SLX 札幌のハンドメイドスキーメーカーのショートターン専用機【2017-18ニューモデルスキーインプレッション】

広告

ケイスキーのSLXと言うスキーを試したのでレポートしたい。

ケイスキーは旧カザマスキーの技術者が札幌で立ち上げたハンドメイドスキーメーカーで、丁寧な造りに定評がある。

これは技術選で使用されるショートターン専用スキーと言うことだ。

以前ケイスキーのオールラウンドタイプのスキーを試乗して最後まで候補で悩んだが果たしてこれはどうだろうか?

レポートしよう。

 

斜面状況

日程:4月15日

試乗バーン:野沢温泉やまびこゲレンデ

バーン斜度:15-20度

斜面状況:ナチュラルバーン、コブ

天候:晴れ

雪質:重い湿雪

スキー概要

名称:KEI SKI SLX(ケイスキー SLX)

長さ:165㎝

幅(トップ/センター/テール):112㎜/66㎜/103㎜

サイドカーブ:R=13.0m

構造:不明(詳細調査中)

▲落ち着いた控えめなデザインだ。

▲丁寧でこだわりのあるスキーの造りには定評がある。

 

 

印象

これを履く頃にはかなり気温が上昇し、雪面状況は最悪でスキー操作が難しい状況になってきた。

そんな中でかなり期待してこのスキーを試すことになった。

技術選のショートターンで使用されるショートターン専用機と言うことだが、意外とロング系の滑りが切れていける印象だった。

逆に肝心のショートターンは素直なオガサカのTCなどと違い操作に癖があるように感じた。

数年前やはりここでオールラウンド系のARX-15と言うスキーを試したのだが、慣れるまでちょっと時間を要した。

これもそんな感じだろうか。

とにかくしっかりとスキーに荷重しないと真っ直ぐ走ってしまう。

テールをしっかり使ってターンを仕上げる感じだろうか。

オートマチックでなく優しくない。一言で言えば乗り手を選ぶスキーだと感じた。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です