BLIZZARD SRC オーストリアの名門スキーが送るデモモデル【2017-18ニューモデルスキーインプレッション】

広告

ブリザードのデモモデルであるSRCを試乗した。

オーストリアの名門スキーメーカーであるブリザードだが、往年に比べて近年はやや国内ではマイナースキーメーカーの印象を受ける。

実は僕も長らく名前は知っているが履いたことがない。

固くてハードな乗り心地と聞くが果たしてどうなのだろう?

斜面状況

日程:2017年4月16日

試乗バーン:野沢温泉やまびこゲレンデ

バーン斜度:15-20度

斜面状況:ナチュラルバーン、コブ

天候:雨、視界不良

雪質:重い湿雪

スキー概要

名称:BLIZZARD SRC( ブリザードSRC)

長さ:165㎝

幅(トップ/センター/テール):121㎜/70㎜/106㎜

サイドカーブ:R=13m

構造:不明(詳細調査中)

▲どっしりと重い感じのするデザイン。マーカー製のビンディングもカラーリングを統一している。

▲提携するスキーブーツ「TECHNICA」も同じカラーリングでスキー・ブーツ揃って統一感を出している。

▲チタニウムとあるがチタンプレート内臓で補強しているのだろう。

印象

スラロームモデルのデモバージョンみたいだ。

若干センター幅が他の競技用スキーに比べて幅広なのがその辺を伺わせるのかも知れない。

悪雪の中~急斜面でショートターンをしてみたのだが非常にスキーの抜けが良く安定感がある。

急激な走りは期待できないが、スキーに圧を加えた際のレスポンスは良い。

悪雪でも取り回しがしやすく、内臓されているチタンプレートの影響だろうか、非常にテンポ良く滑れるスキーだと思う。

先に履いたドーベルマンとロシデモアルファの中間の様な印象を受けた。

扱いやすい安定したスキーだと思う。

ドーベルマンの投稿はこちら

allseasonski.com/archives/5060

デモアルファの投稿はこちら

allseasonski.com/archives/5084

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です