ROSSIGNOL DEMO ALPHA R21 やはり安定のロシニョールと言う感じ【2017-18シーズンニューモデルスキーインプレッション】

広告

ロシニョール デモアルファを試した。

ロシのデモシリーズはこのアルファ、ベータ、デルタとラインナップがあるが、おそらくアルファがトップグレードなのだろう。

そのアルファの中にもソフトとレースのダウンサイズの2種類があり、今回はレースモデルを試した。

ロシニョールもかつて愛用していたスキーメーカーで、非常にクセのない扱いやすいスキーだった印象だが、果たして近年はどう変わったのか興味がある。

 

斜面状況

日程:2017年4月16日

試乗バーン:野沢温泉やまびこゲレンデ

バーン斜度:15-20度

斜面状況:ナチュラルバーン、コブ

天候:雨、視界不良

雪質:重い湿雪

スキー概要

名称:ROSSIGNOL DEMO ALPHA R21(ロシニョール デモアルファ R21 )

長さ:167㎝

幅(トップ/センター/テール):122㎜/68㎜/104㎜

サイドカーブ:R=13m

構造:不明(詳細調査中)

 

▲ロシニョールのデザインは近年このパターンで変化は色だけのような気がする。

▲ロシニョールと言えば往年は華やかなイメージだが、近年は地味に感じる。

▲165㎝がなく、若干長めの167㎝で試乗。長さに関しては問題ない感じだった。

 

印象

非常に操作しやすい、扱いやすいスキーだと思った。

しかし悪く言えば特徴がない。操作は簡単で乗り手にストレスを与えないスキーだが切れや走りは期待できないかも知れない。

オガサカケオッズと似た印象を受けた。

ケオッズの投稿はこちら

allseasonski.com/archives/5033

ここ一番の安心感があるので、基礎スキー(検定など)には向いているスキーだと思う。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です