SALOMON QST106 これもアルマダと同じく深雪だけでなく整地でも楽しめるオールラウンダーなファットスキー【2017-18ニューモデルスキーインプレッション】

広告

サロモンのファットスキーQST106を試乗したので感想をお届けする。

これも先に履いたアルマダと同じく深雪深雪メインだが、整地されたゲレンデでも遜色ないスキーと聞いたが果たしてどうなのか?

斜面状況

日程:2017年4月16日

試乗バーン:野沢温泉やまびこゲレンデ

バーン斜度:15-20度

斜面状況:ナチュラルバーン、コブ

天候:雨、視界不良

雪質:重い湿雪

スキー概要

名称:SALOMON QST106

長さ:174㎝

幅(トップ/センター/テール):138㎜/106㎜/125㎜

サイドカーブ:R=20m

構造:不明(詳細調査中)

▲とにかく太いな、と言うのが第一印象だ。

▲そして最近プレート装着のスキーばかり履いているからかやたら軽い!しかし整地対応だからだろうか、長軸方向の張りは強いように感じる。カービングターンが出来ると言うことなのでトルクも太いのだろう。

▲丁度隠れているがどの長さでもセンター幅は106㎜だ。

 

印象

これもアルマダ インビクタス108Tiと同じく主用途はパウダーだが圧雪されたゲレンデでも楽しめるオールマウンテンタイプのスキー。

スキーの形状がやや特殊で、トップロッカーだがトップからセンター寄りのトップ部分がキャンバーになっているとのことで、ややテール寄りに乗ると整地でもカービングターンを楽しめると言うことだ。

実際整地でもそんなに違和感なく楽しめた。下から突き上げるゴリゴリ感はアルマダと同様。これは僕が慣れてないだけなのか、こう言うフィーリングは致し方ないのかはわからない。

そしてこう言うスキーは是非ハイシーズンの1~2月に試すべきだと言うことだ。

 

ARMADA INVICTUS108Tiの投稿はこちら

allseasonski.com/archives/5050

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です