梅雨の合間を狙って1000年の古都 京都市内を弾丸観光してきた!

広告

梅雨の合間を狙って奥さんと京都に行った。

主な目的は市内にある仲源寺と言うお寺に行ってみようとの目的で、当初は一泊しようと計画していたのだが、ウチにはよくありがちな計画倒れとなり、午後からの半日旅行となったのだ。

 

 

▲四条大橋たもとの交差点。

▲暑さでカメラも霞んでしまった(!)余りに暑いので浴衣姿の人も多い?

▲目的地のひとつ、四条通沿いの商店街にひっそりと佇む中源寺。

▲仲源寺は目の病気のお寺だ。都会の喧騒の中の静かなスポット。

▲丁度お昼時だったので目の前のお店にフラッと入って昼食を摂ることにした。

▲鯛のアラ煮と鯛茶漬けのセット。お値段以上の美味さでラッキーだった。

▲抹茶で有名な辻利に寄って食後のスイーツを物色。

▲抹茶ソフトクリームを買って八坂神社方面に向かう。濃厚で美味い。

▲八坂神社。

▲境内にも浴衣姿の女性が多くいた。今日は何かあるのかな?

▲そのまま円山公園に抜ける。春は桜が綺麗な場所だ。今は新緑が綺麗だ。

▲ここも久々(小学生以来か)の訪問。浄土宗の総本山「知恩院」へ。

▲伝説の彫刻家 左甚五郎の忘れ傘で有名な国宝「御影堂」は残念ながら大改修中だった。

▲法然上人の御廟に向かう階段。映画監督の故実相寺昭雄氏が好みそうな場所だ。

▲御廟の前にある拝殿。これも平成の大修理を終えたとの事でラッキーだった。なかなか近寄りがたい雰囲気・・・

▲新緑がまぶしい。秋は紅葉で綺麗なのだろうな。

感想

観光客が少ないだろうと梅雨の合間を狙って行ってみたのだが甘かった。

観光客や浴衣を着た若者でごった返していた。

何よりも中国人観光客が多かった。

しかし京都だからだろうか?余り騒いでいるステレオタイプな方は少なかったように思えた。

その代り気温も湿度も低めでこの時期の京都にすれば過ごしやすい一日でラッキーだったと言えるかも知れない。

僕は大学も京都市内だったので、この後足を伸ばして久々に母校を訪ねてみようかとも思っていたのだが、とてもそんな気力も湧かず・・・

しかし行動範囲は狭いとは言え、なかなか満足な行程ではあった。

なかなか行かない近くて遠い京都市内。

久々に行くと良いもんだ。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です