夢を見ることについて

広告

夢を見ると言っても将来の夢とかではない。今回は睡眠時に見る夢だ。

奇妙な夢を見たのでふと何故そのような夢を見るのか?その夢にはどんな意味があるのか?と興味を持ったからだ。

夢の内容については語らない。取りとめもない人の夢を聞くほど苦痛なものはないだろうし、僕もそれをまとめるのも非常に苦痛だからだ。

何故夢を見るのか?その夢にはどんな意味があるのか?ネットで調べていると頷ける記事があったので引用しつつコメントしてみる。

 

【夢とは何か】

「脳にしまわれている過去の記憶の中からたまたま表れ出てきたものが結びつき、ストーリー化されて夢となる。数ある記憶の中からどれが掘り起こされるかは、その時々の精神状態やストレスなどの影響を受けることもありますが、ほとんどの場合はランダムです。昨日の記憶と5年前の記憶が突然結びつくことだってあります」

日経Goodayセレクト「どうして人は、訳の分からない夢を見るのか」より

 

なるほど、過去に経験したことが積み重なってそれがランダムに繋がってる訳だ。と言うことは夢に見たことは過去に何らかの形で経験したり、考えたりしたことの積み重ねと言うことになる。

奇妙な夢を見たとは言え、あながち無関係とは言えない訳か・・・

もともと脳は物事を秩序づけて理解する傾向があるという。何の関連性もないような記憶が浮上してきても、それらを適当に結び合わせて、つじつま合わせをするのだ。その結果、夢のストーリーが作られる。「だから、好きでもない人と手をつないで歩いているなどという、訳のわからないストーリーが生まれたりもする。ですから、夢の内容を気にしたり、意味づけをしたりして、一喜一憂する必要はないのです」

日経Goodayセレクト「どうして人は、訳の分からない夢を見るのか」より       

 

夢から覚めて「あ~、何であんな夢見てしまったんだろ?」と自己嫌悪に陥る夢を見たことは誰しもあることだろう。
しかし余り気にしなくても良いということだ。

 

悪夢を見ること自体より、そもそも夢を見ること自体余り健康的ではないそうである。と言うのは脳が活動し状態が長く続いているので、中途覚醒の時が多くそれだけ休めてないからである。

 また悪夢を見ると言うのは情動を司る扁桃体が興奮して起こるのであり、繰り返し見る悪夢は何らかの心的要因でその興奮を引き起こす可能性もあるので、余り長引くようなら精神科や心療内科を受診するのをお勧めする。らしい。

 ま、そこまでじゃないよね(汗)自己判断はいけないのだろうけど・・・

 

【まとめ】

以上夢に関するサイトを数か所見た感想だが、何故人は夢を見るのか?と言うことに関してはこのサイトにもあるように記憶と情動を司る脳の器官が休まらないので健康上余り好ましくない、と書くものもあれば、記憶を吐き出してストレスを軽減させていると言う説もあり、じっさいどっちが正しいのかよく分かっていないのが現実ではないだろうか。

しかし、今回上げたサイトの説明で、自分が何故そんな奇妙な夢を見たのか過去の動向を振り返ってみると頷けるところは確かに存在する。

良くも悪くも記憶は憶えていようがいまいが確実に頭の中に蓄積していると言うことだろう。

それに加えて人それぞれの性格などにも影響されているのではないだろうか。ちなみにB型の僕の奥さんは全く夢など見ないといつも言っているし。

 ともかく、余り気に留めないことが良いのだろうとまさに見た夢そのままの状態で勝手に自己完結させて筆を置くこととする。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です