新大阪の怪しい台湾料理「大王」で汁無し坦々麺をいただく【お店紹介】

広告

以前も紹介した会社(新大阪)の近所の台湾料理「大王」。

以前の投稿はこちら

http://allseasonski.com/archives/4379

帰宅途中に時々応援も兼ねて食べに寄るのだが、この日も飲み会の約束があったのだが、お昼から何も食べていなかったので何か軽く食べようと寄ってみた。

 

▲相変わらず一見客を拒むような外観と内装だが、台湾人のマスターは愛想が良い。

▲そしていつものように傍らでは奥さん(?)は内職、子供は宿題をこなしている。

▲その横でおじさんは汁無し坦々麺を注文した。ライス付きで900円(だったかな?)。

▲この後は飲み会だったので、付属のライスは断って坦々麺のみ。麺は珍しく細めだった。

▲ピリッと甘辛いタレが細麺に馴染んで美味い。辛過ぎないところが個人的には好みだろうか。

感想

セットで900円は若干高いなと言う印象は拭えないが、出店して間もない時期と言うのはそんなもんだろうと思っている。

忘年会でも無理を聞いて貰ったので(料理と飲み放題のセットで4,000円だったかな)仕方ないね。

今後に期待かな。

 

お店の詳細はこちら

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27083224/

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です