猫カフェきぶん屋~猫が欲しいなら先ず保護猫を考えましょう~宝塚市の保護猫カフェ【お店紹介】

広告

兵庫県宝塚市で開業している保護猫カフェ「きぶん屋」に行って来ました。

こちら二度目の訪問となります。

私の住居の近所(大阪府南部の泉大津市)にも保護猫カフェは存在するのですが、SNSでこちらのネコ達に馴染みがあるので久々に顔を見たくなったのと、ちょっと思うところがありましたので雨の中訪問して来ました。

早速紹介したいと思います。

自宅近辺の保護猫カフェ「ねこんチ」の投稿はこちら

http://allseasonski.com/archives/5863

 

▲阪急電車仁川駅改札口を出て右手のビルの一階にカフェはあります。

▲保護猫カフェと言う事なのかエントランスは地味な感じですが、道行くネコ好きの人はわざわざ覗いて行かれる方も多いように見受けられました。

▲10畳ほどのワンフロアに10数匹のネコ達がのんびりくつろいでいます。

▲基本無関心なネコ達ですが・・・

▲この人誰やろ?と言う感じ。

▲入場料1,000円と引き換えに頂ける猫のオヤツを見ると瞬時に集まって来ます。

この現金さはネコ特有のものですね(笑)

▲ジッと待つ子。

▲膝に乗るけどわざと興味ない振りをする子。

▲ひたすらかわいさをアピールする子。

▲まだですかニャ?

▲もうひとり居た常連さんと思しきお客さんは屈んだ隙に背中に飛び乗られてました(笑)

▲お店の看板ネコのマロちゃんは随分大きくなって、はしゃぎ回っていた2年前が嘘のように大人しくなっていました。

▲それでも相変わらずの可愛さ。

▲もう片方の看板ネコのゴメちゃん。外が雨だからなのかテンションも下がり気味。

▲それでもむっくりと起きてこっちを向いてくれました。

▲背後(僕の)では新入りの子を捕まえるのに結構バタバタしていたのですが、まったく我関せずのこの落ち着きっぷり。

▲ショップには黒猫の比率が多いです。譲渡会での人気も模様に左右される事が多いそうで何だか悲しいですね。

▲元気に跳び回っている子や。

▲おやつ食べ過ぎてまったりしている子。

写真には写せませんでしたが、オッドアイがとても綺麗な子でした。

(結局この子が一番おやつをゲットしました)

 

感想

住まいの近所にも保護猫カフェがあるのにわざわざ遠方の宝塚まで足を伸ばしたのは、もちろん可愛い猫達の顔が見たいと言う事もありましたが、最近里親への譲渡活動が停滞気味だとの投稿を目にしたので応援の意味も兼ねて訪問しました。

以前近所の保護猫カフェを訪問した時のレビューでも書いたのですが、血統書付きであろうが雑種であろうが生き物としての尊さは変わらない筈です。

現在多くの野良犬や野良猫が殺処分されている現状を考えれば、潤いのある生活を送るためのパートナーとして犬猫を迎え入れるなら、出来ればこうした保護犬や保護猫から迎えて欲しいと思います。

同時に迎え入れる人間側にも責任が生じます。

猫や犬などの小動物はかわいいだけは済まされないのです。

一生面倒を見続ける義務が生じるので、その辺をよく考えて迎え入れる事が必要だと思います。

最近は譲渡のマッチングも上手くいかないケースも多いと聞きます。

その中にはただかわいい、猫が好きと言うだけで無責任に里親を希望する方も多いようです。

自分の置かれた環境をよく考えて申し出るべきだと思います。

では自分(私)はどうなのか?

振り返ると残念ながら今の状況では猫を手元に引き取る事はできません。

だからこうした保護猫カフェに出掛けて出来るだけ散財して行こうと思っています。

こうしたお店の活動が小動物達の不幸な境遇に陥る事が避けられるようになる事を願って止みません。

 

お店の詳しい情報はこちら

http://nekocafekibunya.com/

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です