嫌な出来事が起こったり嫌な思いをした時は逆にチャンスだと思う【思うこと】

広告

嫌な出来事が起こって不愉快な思いをする事は一見避けたい事ではありますが、これは自分を振り返って改善できる絶好のチャンスだと言えるでしょう。

前回書いた僕が不愉快な思いをした出来事はこの様な事が起こったので、外部の情報(友人が書いたブログ記事)からそれまで僕の中で眠っていた情報と結びついて意識の底から浮かびあがり、ブログとして文章化する事になり、思考が整理された訳です。

 

前回書いた「いい人とは何か?」の投稿はこちら

http://allseasonski.com/archives/6674

 

人それぞれ心に引っ掛かる思いを昇華させる方法は無数にあると思いますが、僕の場合は間違いなくこうして書く事だと思います。

かく言う僕も出来れば不愉快な思いはしたくないですが、そんな出来事もこうして自分の成長を促す材料になると思えば快適な散歩を妨げる道端の石ころではなくラッキーにも見つけた宝石の原石ではないかと思う訳です。

物事は悪い面と良い面両方備えているものだと思いました。

不愉快な事でも現状の自分に気付き、この先良い方に修正できると思えば希望が持てると言うものです。

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です