ブログのクオリティと人にリーチすることとのギャップについて

広告

こうしてブログを書いていると、どうしても自分の中で「これはちょっとなぁ・・・」という出来不出来が生じる。

そういう場合はもう一度内容を見直し修正したりするのだが、余程のことがなければボツにせずにこれも練習だと割り切って投稿する。

これが自分の予想に反して評判が良く(?)コメントを頂いたりもする。

 

逆もまたしかりで、結構力を込めて書いたつもりなのにもうひとつ反応がなく「あれ?」と思うものもある。

まぁこれが創作の面白いところではあるのだろう。

自分で言うのも何だが面白い。

 

当たり前だが人にはそれぞれ物の見方や感じ方が存在する訳で、自分がつまらんと思っても人にとっては価値を感じて貰えるものもあるのだろう(まぁ程度問題だが)

もちろんつまらないものを生み出そうとは思ってないのだが、判断の基準は当然読者の方々にある。

余りに読者受けを狙ったあざとい企みはどうか?と思うし、すぐに飽きられるだろうから余りそういうところは意識せず、素の自分を出した方が良いのかも知れない。

まぁ自分の認識と他人の認識の違いを確認できるところを楽しみながら、これからもより面白いものを発信できるように色々なことを仕入れて皆さんに出せるよう努力したい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です