ブログは常識に囚われず書きたい事を書こう。知らない自分を知ることができるかも

広告

僕は長らく極めて常識的な人間だと思い込んでいたが、自分の言動を振り返ると実は正反対なのかも知れない。

しかし世間の目を必要以上に気にするタイプなので、一応は普通の(何をもって普通と言うのかは疑問のあるところだが)生活を送っている。
しかし色々窮屈に感じることは事実だ。

まぁ、自分の生活のことは置いといて…
少なくともこうしてブログを書く時だけはその常識に囚われずどんどんと書きたいことが頭の中から湧いて出てくる。
本当に思考の垂れ流し状態だ。

これを表してこのブログのタイトルを「思考の垂れ流し」と改題したのだが、偶然にも丁度時期を同じくして思考の垂れ流しと言うワードを著名な作家やブロガーの方が書かれているのを読んで偶然の一致を感じて感慨深いものがある。

そして先日もその内容をブログレッスンの先生であるものくろさんと会話することが出来て色々と気付きを得ることができた。思考の垂れ流しと言うキーワードを中心にして色々と回り出しているように感じる。

このブログを書く時だけはこんな事を書けばマズイんじゃないか?とかみんなに良いように見られたいとか思うことは皆無だ。頭に浮かんだことを好きな様に書いている。だからいくらでも書けるんだろう。

少なくともこのブログに関しては常識に囚われずこれからもどんどん発信して行こうと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です