CATEGORY 出来事

スキーの思い出:野沢温泉松葉荘ボヤ事件

長野県野沢温泉スキー場にある松葉荘は僕らが学生時代からお世話になっている定宿だ。 ゲレンデと温泉街の丁度中間の坂道にある40名程度収容の小さな民宿なのだが、そのアットホームな雰囲気とボリュームのある食事が魅力でシーズンの…

スキー復活の顛末2013年~2015年(その4)

【前回まで】 スキーに行くのにオヤジのブーツを借りてお茶を濁そうとしていました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 約20年振りに訪れた野沢温泉は狭い路地、密集する民宿、その合間に点在する…

スキー復活の顛末2013年~2015年(その3)

【前回まで】 強引な友人の誘いで僕はいやいやスキーに行く羽目になったのでした。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 最後と決めてかつてな…

スキー復活の顛末2013年~2015年(その2)

【前回まで】 長らくスキーから離れていて、もうすることもないと思ってたある日、昔のイントラの同期が前触れなくメールを送ってきたことから復活は動き出した。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

僕のまわりのスキーヤーたち

幸いにスキーを再開してから色んな人と知り合いになれた。 プロスキーヤーの人たち、普通の勤め人じゃ考えられないほど日数を滑っている人、毎週一日の休みを利用して下道で大阪から長野まで向かう人、毎週夫婦でプロのレッスンを受けて…

スキー復活の顛末2013年~2015年(序章)

昨シーズンの終わりにfacebookで連載ものとして3年前のスキー復活から2014-15シーズンの終わりまでを綴ったものです。20年振りにスキーに誘われその面白さに再度引き込まれる僕の心情の変化を書いたものです。face…

2016年技術選参戦記5【渾身懺悔の章】

ゴールに辿り着いてまずジャッジの点数を確かめるのでなく、僕が取った行動は・・・ 「すいません、携帯の落しモンあるってアナウンス聞いたんですけどハァハァ」 パトロールの人「どんな携帯?」 僕「アイホンですけど」 パ「何色?…

2016年技術選参戦記4【顔面蒼白の章】

入念な滑り込みとインスペクションを終え、僕は堂々最終乗り込みでスタート地点に入った。 最後の種目に期するところがある場合は普段よりも余裕を持たねばならぬ。 足かけ25年のスキーキャリアが成せる技だろう。 前回はこちら↓↓…

2016年技術選参戦記3【失速の章】

第一種目でいきなりピンチを迎え、次の種目はコートを変えて整地のショートターンだ。 前回はこちら↓↓↓↓ http://allseasonski.com/archives/297 夏のプラスノー技術選でパラレルターンでの失…

2016年スキー技術選参戦記2【窮地の章】

すんません、リフト乗ってたらストック落としてしまいまして。ちょっと拾ってきて良いですか~?」 「あ~、インスペクションまだだから大丈夫ですよ」 間抜けなやり取りで僕の技選の最初の種目が始まった。 ・前回はこちら↓↓↓↓↓…