得意技が何もない人はいない。先ずは小さな手掛かりを見つけて自信を回復していくこと

広告

ある時ふと自分を振り返ると一体自分は何をして来たんだろう?自分には何か特技はあるのか??と思うことがある。

思い返してもできることは中途半端なことばかり。

そう思うと気持ちが沈むことも多々あったが、自分の得意なことは案外自分が気付かない自分の足元に隠れているんじゃないか、と思う。

 

たとえば僕は昔から文章を書くのが苦手で長い間不得意だと思っていたが、友人や学校などで書いたものを誉められることが時々あった。

こうしてブログを何本も書いていると、長らく自分は出来ないと思っていたことが実は何らかのきっかけで可能性に蓋をしていた思い込みだったと気付いた。

まさかここまで書けるとは思ってもいなかったし、こうして書けることは自分の自信回復にもつながっている。

 

別に作家でもないのでこうしたことは小さな出来事なのかも知れないが、こうして自分の隠れた能力を再確認していくことで今後の人生大きく変わって行くんだろうと非常に楽しみだし、これからも特技を磨いて更にレベルアップしていきたい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です