諦めなければ必ずチャンスは巡って来ると言うこと。不遇の時をどう過ごすか

広告

人生で何度か不遇の時を過ごしたことがあります。

これは誰でもあることだと思います。

沈んだ時になにを思いどう過ごすか。

 

状況によっては腐ることも致し方ないと思います。

が、どんな時でも希望を持つことが僕は大切ではないか?と思います。

「あー、これでこの先終わったな」と思ったとしても、心の片隅ではまだ何とかなると希望を持ち続ける。

 

すると思わぬところから人とのつながりが出来たり転機となる機会が巡って来たりすると思います。

ピンチはチャンスと言いますが、それは本当だと思います。

要は沈んでいる時に色々とやってみることと機会が来たらそれを逃さないと言うことだと思います。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です