音楽レビュー:「SOLID STATE SURVIVER」YELLOW MAGIC ORCHESTRA (1979年)  

広告

2回目はデビュー当時から聴き続けているイエローマジックオーケストラ(YMO)の2枚目のアルバム「ソリッド・ステート・サバイバー」のレビューを行います。

例によって余り機材やテクニカルな部分は分かりませんので当時の世相などを交えて紹介したいと思います。

 

YMOがリリースしたアルバムの中で最もセールスを誇った大ヒットアルバムです。

リーダーの細野晴臣色が強い前作「Yellow Magic Orchestra」のエキゾチックサウンドを更に洗練させ、和製テクノポップを確立し国内で初めてテクノと言う音楽ジャンルを定着させた記念的な作品と言っても過言ではありません。

収録されている楽曲の数曲は実は結成当初の1978年には既に完成していたようで、当時行われたライブ盤などでも聴くことができます。

 

8曲の中には「テクノポリス」「ライディーン」が収録され、特にライディーンはYMOを象徴する楽曲であると共に80年代前半の世相を反映したものでもあると思います。

もう1YMO最大のヒット曲がこのアルバムには収められています。B面トップの「ビハインド・ザ・マスク」だ。

 

この曲は国内ではさほど注目を浴びる曲ではないですが、海外、特にアメリカではライブを行うと必ず客席のテンションが上がるらしく、エリック・クラプトンやマイケル・ジャクソンがカバーするに至った隠れた名曲と言えます。

そのヒットは優れたメロディメーカーである細野晴臣も見抜くことが出来ず、非常に後悔の念を抱いているとインタビューでも語られています。

 

レコードではA面に当たる前半4曲はインストゥルメンタル、B面後半4曲は歌詞が付いたポップスと明確に分かれています。

4曲目の「キャスタリア」はこのアルバムの雰囲気としてはかなり重厚なイメージで異色ですが、このアルバムの2年後全く趣を変えたアルバム「BGM」がリリースされたことを考えると予言的な1曲のように思えて非常に興味深い。

 

とにかく馴染みやすく聴きやすいの一言で今では珍しくなくなったシンセサイザーと自動演奏を駆使したものですが、当時の常識を覆したテクノポップスの礎となった作品と言えるでしょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です