特撮番組レビュー「突撃!ヒューマン!!」(異色のヒーローもの舞台)

広告

今回はヒーローものとしては異色の舞台中継だった「突撃!ヒューマン!!」のレビューです。

 

概要

放映期間:1972年10月7日~12月30日(全13回)

製作:日本テレビ

出演:夏夕介、田中好子 他

ストーリー

地球征服を狙うキングフラッシャー率いるフラッシャー軍団の侵略の魔の手から守るため普段は体育の先生である岩城淳一郎はヒューマンに変身し怪獣たちと戦いを繰り広げる。

途中から淳一郎の弟がヒューマン2号として殉死した兄に代わって活躍する。最後は1号2号共闘でキングフラッシャーを倒す。

レビュー

昔の特撮番組を語るうえで忘れられないのがこの「突撃!ヒューマン!!」だ。

この番組は非常に珍しい舞台形式である。毎週各都市の市民会館などで公開形式の番組を行い、舞台形式のお芝居としてヒューマンと怪獣の戦いを見せ、それをTV番組として後日放映(生中継か?)すると言うスタイルを取っていた。

 

舞台で主人公の岩城がピンチになると客席の子供たちは予め配られた指を指して回すようになっているプラスチックの円盤「ヒューマンサイン」を揃って頭上でクルクルと回しヒューマンを呼ぶ。

するとホール後方からワイヤーと滑車で吊られたヒューマンの飛び人形が舞台目掛けて飛んでくる(登場する)と言う演出が毎回なされていた。

 

子供だったので夢中になって見ていたが、実は憶えているのはこの部分と、途中でヒーローが2号に交代して最終回に再び2体になって共闘したこと、最後キングフラッシャーのクビ(仮面)をもぎ取って長崎の平和記念像のような決めポーズで話が終わった部分をおぼろげながら憶えているのみだ。ストーリーは全く記憶にない。

キャンディーズとして活動する直前の田中好子がヒロイン役だったらしいが、それすら憶えていない。

 

一年くらい続いていた感覚だったがデータを見るとたった3カ月間の13話で打ち切りされている。

再放送も見た記憶があるが本放映の直後に一度されたのみで、録画したビデオテープを使い回したためにマスター映像が現存しない幻の作品となっているらしい。

 

デザイナー兼企画者の成田亨氏はウルトラマンよりもこのヒューマンのデザインの方が気に入っていると著書で語っている。

ヒューマン=超人間と言うイメージで、メッキ処理されたマスクやプロテクターがそれを上手く表現出来た会心作らしい。

またウルトラシリーズの権利関係で揉めた経験から著作権の30%の権利を有する契約をしたが視聴率の不振からそれが仇になり、後年まで負債で苦しむことにもなったとも聞く。

 

そんな子供心に懐かしい作品だが今となって観てみたいか?と問われると答えはNOだ。

きっとチープでガッカリすると思うからだ。

子供時代の思い出は記憶の片隅でそっとしておくのが良い。

ヒューマンもそんな作品のひとつだと思う。

 

次回予告

未定

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です