読書スタイルについて。飛ばし読みでは内容は把握できないか?

広告

読書のことについて書いてみたい。
数多くのブログ記事を投稿するには未熟な僕にとって非常に時間がかかる。
乏しい頭の中身で投稿を量産するのは不可能なので、当然読書などのインプットが必要だ。

元来僕はじっくり最初から読むのを好む読書スタイル。
腰を落ち着けて情報収集したいのだ。
しかしプライベート時間内でブログ原稿を書いて投稿し、そして運動をしてその上に読書はなかなか出来ない、いや不可能だ。

前回書評を書くにあたって、思い切って重要な箇所に付箋で目印を付けながら30分くらいで250頁の本を読了した。

結論としてじっくり読もうが斜め読みしようが、得られる知識は大差無いようだ。
要するにその本を読む目的を明確にすれば情報収集も不可能ではないと言うところだろう。
じっくり読まないと不安感を覚える性格だが、ここは割り切って対処すれば新たな読書スキルが身につくのではないか?と非常に期待が持てる体験だった。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です