iPhoneの音声メモを使ってみた。メリットとデメリットについて

広告

iPhoneの音声メモ機能のことを書いてみたら殊更反応が好評で結構使っている、これから使ってみようと言う意見が多かった。

 その時の記事はこちら

allseasonski.com/archives/1923

僕も否定ばかりしていても何ら進歩がないのでちょっとずつ使うようにしている。

まとまった文章を打つ時頭の中で整理しないとちゃんとした文章にならないのでは?との危惧があったので、長文作成での使用を躊躇していたのだが、使ってみるとこれが思った以上に高確率で正しい変換をするのでなかなか使い勝手が良い。

 

反面、変換に失敗した時には一旦音声入力を中止し、通常入力での方法で削除しなければならないのでひと手間掛かるのがデメリットだろうか。

まぁいずれにせよ一旦音声入力で文章を作成したとしても細かい修正は必須だとは思う。

 

しかし使ってみると先に書いたようになかなかスムーズで高確率で正しい変換をすることには正直驚いた。

頭に浮かんだことをダイレクトに文章入力できるのである程度慣れれば手入力よりも思考に直結したライティングが出来るのではないか?と期待できる機能だと思う。

 

実際この機能を用いてブログを作成されているブロガーさんもいると聞く。

この先どんどん性能も良くなっていくだろうし、これから先非常に展開が楽しみな機能ではある。

 

僕もこの先より使うようにしてもっとこの機能を使えるようにしておきたい。

そして隠れた機能を発見したらまたここでお知らせ出来れば良いなと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です