スキーは夏でも出来る!絶好の上達の機会:アップかんなべプラスノーゲレンデとプロスキーヤーレッスン

広告

昨年(2015年)の夏は兵庫県は但馬の「あっぷかんなべスキー場」によく通った。

こちらは冬だけじゃなく夏場もスキーができるからだ。

斜面一面にブラシが生えたプラマットを敷き詰めそこを滑るわけだ。

もちろん本当の雪と同じようにはいかないが、代替トレーニングの中では一番本当のスキー操作に近いと言われている(賛否両論あるのだが・・・)。

こちらは僕が住む大阪南部からも車でアクセスし易く、また近年はスキーのデモンストレーター(プロスキーヤー)諸氏によるレッスン会も盛んに開催されているので僕もその一人:徳竹剛ナショナルデモのレッスンに参加していたのだ。

その様子も交えて早速紹介しよう。

iPhone picture 112

プラスノーゲレンデ。全長400mでプラスノーゲレンデとしてはかなりの急斜面である。

iPhone picture 223

定期的にレッスン会が開催されている。こんなのに参加するのはスキー馬鹿しかいない。後姿は徳竹デモ。無茶スキーの上手い人です。

iPhone picture 221

頂上から。かなり急斜面だと言うのが分かります。15度程度なのですが、雪が付いていないので更に急に見えます。絶対に転倒できません。こければ傷だらけ覚悟です。

iPhone picture 224

急斜面ゆえに2本程度滑ればエッジ研磨は欠かせません。冬のスキーではなかなか自分でエッジを触ることはないのですが僕もこちらで鍛えられました。

写真は夏スキー専用のスキーです。ソールがディンプル形状になっていて摩擦抵抗を軽減して滑りやすくなっています。今はこんなのもあるのです。

iPhone picture 113

夜は宿で昼間のビデオを見ながらデモによるチェックとアドバイス。何とこれは徳竹デモが試合で滑っている動画じゃないですか!(笑)

 

まとめ

プラスノースキー自体は大昔、僕の子供の時分から存在していた。

20年くらい前まではもっとゲレンデがあったように記憶するが最近では関西エリアではこちらか、ピスラボマット(プラスノーとはちょっと違う。使う道具も違う)のウイングヒルズ白鳥くらいになってしまった。不景気なのでスキー人口が減ってしまったので採算取れないのだろう。

しかし考えようによっては良い面もある。

それはこうしたプロスキーヤーのレッスンが頻繁に行われていることだ。

僕らが学生の頃はこうしたプロに教わる機会など殆どなかった。

そんなプロが関西まで来てくれるのである。

こんな機会はなかなかない。

冬場に向けてレベルアップを目指すスキー馬鹿は一度受けてみて損はないと思う。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です