長距離ドライブで眠くならないように。音楽は掛けない方が良いのか?

広告

長距離ドライブをすると疲れを紛らわす方法として好きな音楽を聴いて気を紛らわせると言う人はきっと多いだろう。
僕もそうしてきた。
しかしある時から余り聴かなくなった。と言うか殆どカーステレオを掛けなくなった。
 
と言うのは運転している時に音楽を掛けると却って集中が削がれ眠気を催すことが多いからだ。
僕は冬場になると頻繁にマイカーで大阪から長野県のスキー場まで夜中の高速道路を片道500㎞走るし、夏場も同じルートを通って旅行に出掛ける。
他の地域を含めると1年に数回は500㎞を越えるドライブを行う。
そんな状況の中、音楽を掛けていない方がむしろ頭が冴え眠気を覚えないのだ。
今回の四国行きでも2日で約750㎞走ったが眠気や疲れは殆ど感じず。音楽は一切掛けていない。
 
僕が立てた仮説は音楽を聴くのも無意識に脳が働き思考を巡らせているのだと思う。
ただでさえ運転で思考し脳を働かせている状況で、更に活動を上乗せするとオーバーフローを起こして集中力が却って削がれ眠気を誘発するのではないか?と言うものだ。
それでネットでそう言ったことに言及する情報がないか?検索してみたが全く見当たらない。
 
むしろ疲れを癒すために音楽は有効な手段だと言う情報ばかりヒットする。
そんなことはない!現に僕が疲れて眠くなるのだ!!
もうちょっと切り口を変えてそのようなことがないのか検索してまた報告したいと思う。
 
皆さんそんな経験ないですか?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です